この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

虫歯や歯周病などが進行してしまえば健康面でも大きなマイナス

歯の病気と口臭

虫歯や歯周病の発生に伴い、口臭が出る可能性があります。食べ物が腐敗した臭いが出てしまい、人に不快感を与えやすくします。口臭スプレーやガムのようなものでケアをしても、それらに糖分が含まれているためより歯の病気が進みかねません。

口臭を放置すれば歯の神経が腐敗するので、歯が抜ける可能性が増します。歯茎の腫れや膿の発生も起こり、見た目の印象も悪くなるでしょう。また、歯石が付着している状態であっても、口臭を発生しやすくします。

各種ホームケアをするだけでは、完璧に除去をするのは困難です。歯医者に通院を行い、歯石除去などで適切な処理をしてもらいましょう。最初は通院に要する期間は掛かりますが、改善されると定期健診のレベルで良くなります。

歯の病気から重篤な病気の原因になり得る?

虫歯や歯周病のような歯の病気は、歯以外にも影響を与えかねません。例えば、顎骨骨髄園という顎の激痛は、虫歯や歯周病菌が化膿をしてしまい、炎症に繋がった状態です。その他、痛みをかばうあまり食事や会話をする際に顎に負担を掛けてしまえば、顎関節症に繋がります。

出血があれば血液に虫歯菌が含まれており、唾液で体内に入ることに伴い心臓や内臓系の疾患を起こしやすくします。合併症を引き起こすと、治療に時間が掛かるうえ生活にも影響を与えます。その他、歯が失い思うように噛めないことで便秘や認知症の原因になるでしょう。

歯医者で定期健診をすることで、各種予防が図れます。早いに越したことはありませんが、気づいた段階で良いので適切な処置を受けましょう。