この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

歯医者で行う定期健診の進め方と費用相場は?

毎日の口腔ケアだけでは間に合わない?

歯磨きやデンタルフロスを用いて口腔ケアをすれば、虫歯などの症状が起きないと考える人はいるかもしれません。しかし、毎日の生活で様々な食事をすれば少なからず虫歯菌は活性化するので、虫歯のリスクは出ます。また、アルコール類から肉や魚介類、米のような穀物といった酸性食品も虫歯の原因に繋がるようです。

毎日自分で丁寧な口腔ケアをしても、全体の6割程度しか汚れを落とせていないとの情報もあります。蓄積した汚れを除去するためには、歯医者での定期健診や歯石除去などの治療を受けるようにしましょう。そのうえで、一人ひとりの状態に合わせて歯科医や衛生士がアドバイスをしてくれます。各種上手にホームケアへ活かせることができれば、歯の病気発生のリスクが下がります。

喫煙者向けの情報

ある統計のデータによれば、1日に10本以上の喫煙をする人はしない人の約5倍の割合で歯周病に掛かります。本数が増えたり喫煙年数が嵩むと、更にリスクが増します。

喫煙をすることにより体内に一酸化炭素が入ると酸素の供給量を減らし、ニコチンの影響で血管の収縮や身体の免疫機能低下を起こします。歯にも影響を及ぼし、歯周病発生へと繋がりやすくなります。また、ヤニが歯の表面に残るので、黴菌が付着をした状態となります。黄ばんだような見た目になる以外に虫歯菌の繁殖やプラークの付着をしやすくします。

歯医者での定期健診や歯石除去、クリーニングを受けることで、各種症状を抑えられるのが期待できます。定期健診を通じて禁煙に繋がると、歯だけでなく様々な病気のリスクが下がるでしょう。